▼トップページに戻る

 駿河台支部FAQ(よくある質問とその回答)



 駿河台支部への入会・更新

Q. 入会して支部員にならないと、学習会やゼミには参加できないのでしょうか?
A. いいえ。学習会やゼミへの出席については、支部員以外の方でも聴講として参加することが可能となっています(ただし、支部行事や懇親会については、参加できるのは支部員のみとなっています)。
 駿河台支部員にならないままであっても、学習会やゼミにはスポット的にその都度参加することが可能となっていますので、支部への入会に抵抗のある方は、聴講として御参加下さい。

 聴講参加の方は学習会に参加するたびに毎回聴講費が必要になりますので、年に数回以上学習会にいらっしゃると、支部員よりも費用面での負担が大きくなることになります。また、聴講参加の方は、何度学習会にいらっしゃっても支部員の特典を得ることはできません。
 このため、何度も学習会に参加される方や、支部行事に参加したいという方には支部員として参加されることをお勧めしていますが、もちろんあくまで自由選択です。入会せずに聴講参加を続けるのもご自由ですので、気兼ねなく御参加下さい。


Q. 支部員となったら、どのような特典がありますか?
A. 駿河台支部の支部員となられた方には、3つの特典があります。

 まずは、(1)有効期限までに開催される駿河台支部主催の学習会に、全て無料で参加できるようになります。年に数回以上学習会に参加されるのでしたら、支部に入会された方が費用面でお得になります。

 そして、(2)駿河台支部主催の支部行事と懇親会に参加が可能になります。支部行事である刑事裁判傍聴や施設参観は、駿河台支部員だけに限定しての募集となっています。また、現在は懇親会への参加申込も支部員限定となっていますので、支部に入会されていない方は支部行事と懇親会に参加することができません。

 さらに、(3)学習会の際の手続が簡略化されます。支部員の方は、申込時の入力と来場時の受付での手間が若干軽減されます。


Q. 入会方法を教えて下さい。
A. 駿河台支部への入会は、学習会の際に随時承っています。学習会を申し込まれる際に、申込時に「入会」を選択して送信して頂ければ結構です。入会は、年間を通していつでも可能です。

 学習会参加確定者にお送りするメールにて、当日お支払い頂く会費を御連絡しますので、当日は会費相当額の現金と、現在有効な学生証をお持ち下さい。学習会の会場の受付にて、会費のお支払いと学生証の確認をすることで、入会手続きは完了となります。なお、入会月ごとの具体的な金額は、こちらをご参照下さい。
 入会の際には、学生証(卒業生の方は、学員カード・卒業許可通知・卒業証明証・卒業証書等の卒業を証明するもの)の御呈示をお願いします。

 会費は全額先払いであり、後払いや分割払いはできません。また、現金のみ受付可能であり、クレジットカードや電子マネーの類はお使いになれません。
 また、支部員となることができるのは、通教課程の在学生と卒業生だけとなります(ただし、法科大学院や予備試験等に向かわれた方は参加をご遠慮頂いています)。それ以外の方は、聴講でのみ参加可能です。

 学習会にいらっしゃる前に入会したい場合は、振込入会の制度を御利用下さい。こちらは現在有効な学生証をお持ちである在学生に限ったサービスで、(1)事前に振込入会を希望する旨の御連絡をいただき、(2)その後に当方の指定する口座への会費の振り込みと学生証の画像の送付を行うことで入会となります。


Q. 更新方法を教えて下さい。
A. 駿河台支部員の有効期限は年度単位となっていますので、新年度になりますと支部員の方はもれなく更新手続が必要になります。更新期間は新年度から3ヶ月以内(通常6月末まで)で、それ以降は再入会となります。

 更新手続は、(1)新年度に初めて参加する学習会の申込の際に「更新」を選択して送信し、(2)当日に有効な学生証を呈示の上で当該年度分の会費のお支払いをすることによって完了となります(卒業生として支部に在籍している方は会費の支払いのみとなります)。

 学習会にしばらく来ることができないが支部員は継続したいので更新したいという場合は、事前連絡の上で銀行振込による会費のお支払いによる更新も可能です。


Q. 入会金はいくらでしょうか?
A. 入会金はありません。以前は、支部に入会される方から入会金を頂戴していましたが、現在は入会金は撤廃されており、新規入会・再入会を問わず無料となっています。


Q. 会費はいくらでしょうか?
A. 会費は、4月から翌年3月までの年度単位で計算されます。年会費の一括払いとなり、最大9,000円です。残り期間が少なくなるごとにお支払い頂く会費も徐々に減額されていき、最低額は4,000円となります。
 入会月ごとの具体的な会費の額は、以下の表をご参照下さい(なお、本年度は緊急事態宣言によって5月と9月の活動を丸々停止せざるを得なくなり、しかしその分の開催は後の月に振り替えて実施する形になることから、例年とは会費体系が異なっています。以下の表は本年度版のものです)。

入会月4・5・6・7・8月9・10月11月12・1月2月3月
会費額9000円8000円7000円6000円5000円4000円


Q. 会費さえ支払えば、もう一切費用はかかりませんか?
A. 原則としてそうです。会費をお支払い頂いて駿河台支部員となった方は、有効期限内に開催される全ての学習会に無料で参加することができ、別途聴講費・参加費・資料代などを頂くことはありません。
 ただし、懇親会は参加された方の実費負担となります。また、支部行事で費用が必要になった場合も、参加された方の実費負担となります。


Q. 支払った会費の領収証は出してもらえるのですか?
A. はい、お支払い頂いた会費の領収証をお出しすることは可能です。御希望の方は、お支払いの際に受付の係の者にその旨をお申し出下さい。特にお申し出のない場合は、領収証の発行は省略させて頂いています。


Q. 入会する際に、過去に聴講参加した時の聴講費を年会費に充当できるのでしょうか。
A. 聴講費の会費への充当は、入会当日の学習会の分だけに限られています。過去に聴講参加された分につきましては、たとえ領収証をお持ち頂きましても一切会費に充当することはできません。このため、聴講費を会費に充当することができるのは、当初は聴講で学習会に参加した方が、その同じ学習会の間に入会に切り替えるという場合だけとなります。


Q. 入会に際して提出が必要となる個人情報はどのようなものとなりますか。
A. 支部によっては幅広い個人情報をあれこれ提出させるところもあるようですが、駿河台支部では個人情報の保護に配慮して、支部の運営(学習会等への出席確認や、支部と支部員もしくは支部と中大通教事務室との連絡等)に必要な最小限の範囲のみに留めており、あれこれと求めることはありません。

 具体的には、お名前・学籍番号・メールアドレスのみお伺いしており、メールアドレスもフリーメールや全学メールのアドレスで構いません。ご住所は不要ですし、電話番号も一切伺っておりません。最低限必要な情報以外は提出しなくて良いですので、特に一人暮らしの方などは安心して御参加いただけると思います。


Q. 支部員にならずに聴講での参加を続けても構いませんか?
A. もちろんです。支部員として参加されるのも、聴講生として参加されるのも、全てその方の自由です。支部に入会せずに聴講参加を続けたからといって何か不利益な扱いを受けたり、勝手に支部員に繰り入れられるようなことは一切ありませんので、ご安心下さい。

 聴講参加の方は学習会に参加するたびに毎回聴講費が必要になりますので、年に数回以上学習会にいらっしゃると、支部員よりも費用面での負担がどうしても大きくなることになります。また、聴講の方は、何度学習会に参加されても支部行事や懇親会への参加権を得ることはできません。
 このため、何度も学習会に参加される方や支部行事・懇親会に参加したいという方には、支部員として参加されることをお勧めしていますが、あくまで自由選択です。毎回聴講として参加されても構わないです。

 支部によっては、何回か聴講参加した方を本人の同意なしに勝手に支部員にしてしまう事例もあるようですが、駿河台支部ではそのようなことは決してございません。支部員にならないという意思もきちんと尊重していますので、その点もどうぞご心配なくです。


Q. 入会を断られることってありますか?
A. そのようなことは原則ございません。支部の運営者による主観だけで入会の希望が却下されることはありませんし、学習活動・支部活動に参加したいという意思が尊重されます。

 ただし、無制限にどのような場合でも参加を認めるものではありません。当支部は学修のための場として運営しています。このため、講義中にスマホなどをずっといじっていたり、初学者に知識をひけらかすことを目的に来るなど、学修する気のない方や他の方の学修を阻害するような行為をされる方の参加はお断りしています。同様の観点から、支部長の許可を得ずに広告宣伝や勧誘・調査活動などをする方の参加もお断りしています。
 また、当支部の内外を問わず、学習活動や支部活動への妨害行為や迷惑行為を行うような方(講義進行の妨害はもちろん、他者へのハラスメントやプライバシー干渉等も全て含みます)、および駿河台支部やその運営者・参加者にとって何かしら不利益・迷惑となるような行為をする方は、支部の健全かつ円滑な運営上の見地や、支部に参加される方々の安全を守る観点から、参加をお断りしています。
 そして、学生会支部は商用サービスではないので、御自身の要望ばかりを押しつけたり運営側の負担を考慮しないお客様気取りのような方も参加をお断りしていますし、規約等のルールや支部運営者の指示に従わない方や支部・学習会の秩序を乱す振る舞いをする方も、参加をお断りしています。

 また、当支部の内外を問わず、懇親会等で騒ぎを起こしたり、先生を独占しようとしたり他者の会話を妨害するなどといった行為を行ったことがある方は、学習会の参加までは認めても、懇親会への参加はお断りとする場合もあります。

 なお、上記の内容とは関わりなく、法科大学院と予備試験に向かわれた方は、支部員・聴講のいずれでも一律に参加をご遠慮頂いています。
 新型コロナウイルスの影響下では、会場定員を大きく減少することを強制されたり、定員上限数の厳密な運用が要請されています。コロナ前では可能であった、想定外に多数の参加者があった場合でも密を気にせず詰めて座って頂くようなことができませんので、限られた座席は支部の学習会を必要としている方々にお譲り下さいという趣旨です。司法試験を目指す方にはそれに見合った場がありますので、そちらで御活躍頂ければと思います。


Q. このたび晴れて通教課程を卒業となりました。卒業後も支部員を継続できるのでしょうか。
A. ご卒業おめでとうございます。はい、卒業された方もこれまでと同じ条件で引き続き駿河台支部に参加できます。会費や待遇に一切の変化はありませんので、従前同様の感覚でそのまま継続できます。

 ただし、法科大学院・予備試験に向かわれた方は支部員になることはできず、参加はご遠慮頂いています。新型コロナウイルスの影響で密を避けるために会場定員を少数に限定している現状では座席数も厳密に限られたものとなり、新型コロナ前のように混雑しても密を気にせず詰めて着席して頂くわけにはいきません。学習会の座席は支部の学習会が必要な在学生や通常の卒業生、新たに法を学ぼうとする方々にお譲り頂き、司法試験に向かうのに相応しい場で御活躍願えればと思います。


Q. メールアドレスを変更しましたが、支部に届け出た方がいいのでしょうか。
A. はい、どうぞ速やかにお知らせ下さい。
 支部に登録されたメールアドレスが、オンライン上での本人確認手段を兼ねています。ですので、支部に登録されたメールアドレスとは異なるアドレスにて申し込まれたものは、たとえご本人のお名前の記載があるものでも本人からのものとは確認できないので無効とされますし、新たなアドレスに支部からの連絡も届かないことになります。メールアドレスの変更登録をされないままですと、学習会はもちろんのこと、支部行事やゼミや懇親会等にも無条件で参加できない状態となります。
 メールアドレス変更の連絡を怠ったことで何らかの不利益を被られても、支部は一切の責を負いませんので、どうか速やかにお知らせ下さい。

 支部に登録してあるメールアドレスを変更する場合は、支部のメールアドレス宛に、(1)学籍番号(卒業生はその旨)、(2)お名前、(3)現在登録されている旧アドレス、(4)変更後の新アドレスの全てを併記の上で御連絡下さい。
 なお、本人確認手段としての特性上、支部に登録できるアドレスは一つだけとなっています。複数のアドレスを登録することはできません。


Q. 卒業する前に在籍期限満了による除籍となって、正科生として再入学しました。学籍番号が変わりましたが、支部に届け出た方がいいですか?
A. はい。学籍番号は最初の本人確認のために必須となっていますので、再入学で学籍番号が変更となりました場合は、新たな学籍番号の記載のある学生証を御呈示の上で必ずお知らせ下さい。また、こちらの変更は新たな学籍番号での学生証の御呈示を必要としますので、学習会会場でのみ承っています。


Q. 卒業した後に聴講生・科目履修生として通教課程に再度在籍しています。新年度になって学籍番号が変わっていますが、支部に届け出た方がいいですか?
A. 卒業生の方でしたら、卒業生であることをもって支部員となることができますから、卒業後に聴講生・科目履修生として再入学された場合は、わざわざお知らせ頂かなくても卒業生の登録のままで問題ありません(聴講生・科目履修生の方は毎年学籍番号の変更の連絡が必要となりますが、卒業生の方はいったんそれで登録されたら変更の連絡は不要になります)。
 もちろん、聴講生・科目履修生として支部に在籍することも可能ですが、その場合は毎年度学生証の御呈示と確認が必要になります。


Q. 駿河台支部に入会したのですが、会員証(支部員証)が渡されないままです。
A. 現在、駿河台支部では会員証(支部員証)は発行していませんので、交付されないままで正常です。
 以前は毎年度これらを発行して支部員の方にお渡ししていましたが、新型コロナウイルス以降は完全事前申込制に移行したことで、事前にどなたが来場するかを支部が完全に把握できている状態となっていることから、毎回支部員証を呈示して頂く手間をかけなくても受付作業に支障がなくなっています。このため、毎回支部員証を取り出して呈示する手間を省略したり、支部員証を忘れたというトラブルも根絶できるように、現在は会員証の発行を取り止めています。


Q. 既に他の支部に入会しているのですけど、駿河台支部に掛け持ちで入会しても構いませんか?
A. はい、もちろん全く問題なく入会できます。複数の支部に入会することについての制限は何もありませんので、それらについては全く気にされなくて構いません。もちろん、当支部の支部員の方が他の支部に別途入会されることについても制限はありません。
 通教生のプライバシーに無意味に干渉しないとの見地より、駿河台支部では他に掛け持ちで入会している支部の情報提示を求めることも一切行っていませんから(支部によってはこのような情報提示を求めるところもあります)、御心配なくです。


Q. 支部の退会方法を教えて下さい。
A. 駿河台支部規約により、有効期限が満了してから3ヶ月以内に更新の手続きをしなかった方は、有効期限満了時に遡って支部を退会したとみなされるようになっています。つまり、支部員の有効期限が過ぎても何もしないままでいれば、いずれ自動的に退会したことになる制度になっていますので(具体的には、翌年度の6月末をもって自動退会となります)、特に何もしないまま放置しているだけでも退会できます。いたずらに支部に繋ぎ止めるようなことはありませんので、どうぞご安心下さい。

 能動的に退会される場合は、その旨を支部宛のメールアドレスまでお送り頂くか、支部長まで書面をご提出下さい。ただし、有効期限が残存している場合であっても、一度お支払い頂いた会費の払い戻しは理由の如何を問わず一切お受けできませんので、その点はあらかじめご了承下さい。
 どちらの方法で退会されても、後で駿河台支部に再度参加することは原則可能です。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 駿河台支部への参加資格

Q. 通教課程は既に卒業しているのですけど、駿河台支部に参加することはできますか?
A. 卒業生の方も、原則として在学生の方と全く同じ条件で駿河台支部に参加することが可能です。在学時は駿河台支部に在籍していなかったという方でも問題ございません。
 ただし、新型コロナウイルスによって会場定員数が厳密に定められるようになって座席数が限られていますので、法科大学院・予備試験に挑戦されたことのある方は支部員・聴講のいずれでも参加はご遠慮頂いていますので予め御了承下さい。

 卒業生の方は入会の際に、学生証の代わりに学員会カードや卒業許可通知や卒業証明書などといった、卒業生とわかるものをご提示下さい。卒業生の方は、いったん入会されましたら退会されない限り、年度の更新時でもそれらの再呈示は必要ありません。


Q. 通教課程の正科生・聴講生・科目履修生の種別によって、駿河台支部への参加条件が異なったり扱いに差があるのでしょうか?
A. 駿河台支部は、在学生の方は種別を問わず全て同じ条件にて参加できます。中央大学通信教育課程の在学生であれば、正科生・科目履修生・聴講生の区別なく駿河台支部に参加することが可能ですし、入会後の扱いも同等ですので、ご心配は不要です。もちろん聴講での参加も可能です。
 なお、入会時と更新時には学生証のご提示をお願いしていますので、忘れずにご持参下さい(普段の学習会では提示不要です)。


Q. 遠方に住んでいるのですけど、駿河台支部に参加することはできますか?
A. はい、お住まいの地域に関わりなく駿河台支部に参加できます。居住されている場所による制限は一切ございませんので、遠方の方も入会・聴講はいずれも問題なく可能です。
 実際のところ、飛行機・新幹線・高速バス等で遠方より駿河台支部の学習会に参加される方はしばしばいらっしゃいまして、特段珍しい存在ではございません。北海道から沖縄までの全国にわたる広い地域から駿河台支部へと足を運ばれた方がおりますし、支部員として遠方から通われている方もおります。


Q. 中央大学の通教課程を卒業して、現在は他の大学の通教課程に在学しています。それでも、支部員になることは可能でしょうか。
A. はい。通教課程の卒業生でしたら、法科大学院・予備試験等に向かわれた方の例外を除いて駿河台支部員として参加できます。現在他の大学に在籍していても何も問題はありません。


Q. 通教課程への入学を予定・検討していますが、まだ入学はしていません。それでも、駿河台支部に参加することはできますか?
A. 通教課程への入学を予定・検討しているが、まだ入学はしていないという方は、支部員として参加することはできませんが、聴講生として参加することは可能です(その都度通常の聴講料が必要です)。

 駿河台支部は、実際に通教生へのスクーリングを担当されている中央大学法学部・同法科大学院教授の先生方が御講義にいらっしゃって下さいますので、それらの先生方の学習会に参加されることで、入学前の方でも実質的にスクーリングの受講体験ができます。主に「中央大学法学部教授」「中央大学法科大学院教授」の肩書きの先生の回がそうです。


Q. 通教課程の在学生です。以前駿河台支部に在籍していましたが、退会しています。再度駿河台支部に参加することはできますか?
A. はい、問題なくできます。かつて駿河台支部を退会したことだけを理由に、再度の参加をお断りすることはありませんから、気兼ねなく入会でも聴講でも再度御参加下さい。


Q. 現在、通教課程を休学している状態なのですが、駿河台支部に参加することはできますか?
A. 休学中でも、通教課程に学籍が存在していることには変わりありませんので、駿河台支部への参加につきましては特に制限を設けていません。休学されている方でも、有効な学生証を呈示して頂ければ支部員として参加することは可能ですし、もちろん聴講参加も可能です。


Q. 通教課程は卒業せずに退学しており、現在は在学していないのですけど、駿河台支部に参加することはできますか?
A. かつて通教課程に在学していたものの、退学して現在は在学しておらず、卒業もしていないという方は、支部員として参加することはできませんが、聴講で参加することは可能です(その都度通常の聴講費が必要です)。


Q. 通教課程に在籍して駿河台支部にも在籍していたのですけど、年度の途中で通教課程を退学しました。駿河台支部員としての扱いはどうなるのでしょうか。
A. 通教課程には春入学と秋入学がありますが、駿河台支部は4月〜翌年3月の年度単位にて運営しておりますことから、当該年度分の会費を既にお支払い頂いて支部員となられている以上は、その年度の途中で通教課程を退学されましても、その年度いっぱいは引き続き駿河台支部員として学習会等に参加することが可能です。中退されたことによる支部内での手続も不要です。
 ただし、中退したことを理由に会費の返還を請求されましても、それに応じることはできません。

 なお、翌年度以降は、通教課程に在籍しておらず卒業もしていない以上は、駿河台支部員を継続することはできません(聴講で参加することはできます)。再度駿河台支部に入会されるには、再度通教課程に在学して、新たな学籍番号の学生証を手にされることが必要となります。
 ただし、いったん通教課程を卒業されましたら、もうその先は通教課程の在学状態とは無関係にずっと駿河台支部員となることが可能です(もちろん、会費のお支払いは必要です)。


Q. かつて通教課程に聴講生(もしくは科目履修生)として在学したことがあるのですが、現在は在学していません。駿河台支部に参加することはできますか?
A. 既に正科生として卒業されている方を除いて、聴講生と科目履修生の方は在学期間中のみ駿河台支部の支部員として参加することが可能であり、在学生でなくなった後は聴講参加のみ可能となります(その都度通常の聴講費が必要です)。


Q. 中央大学には在学しておらず、卒業生でもないのですけど、駿河台支部に参加することはできますか?
A. 聴講参加ならば可能です。かつては、駿河台支部の学習会に参加することができるのは中央大学の在学生か卒業生の方のみと限定していたのですけど、現在はその制限を緩和しまして、中央大学の在学生や卒業生でない方でも、駿河台支部への学習会は聴講ならば参加可能としています(支部員になることはできません)。聴講でしたら参加可能ですので、申込フォームからお申し込みの上で当日聴講費(原則毎回2000円)をお持ちになってお越し下さい。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 学習会の申し込みと当日まで

Q. 学習会に出席したいのですけど、申し込みはどうすればいいですか?
A. 以前は、事前予約不要で学習会当日に会場へと直接お越し頂く方式で運営していたのですが、現在は新型コロナウイルスへの感染防止策を採りながら会場定員数を厳密に遵守することを求められての開催となっているため、全ての学習会やゼミを事前予約による定員制にて運営しています。現在は、支部員・聴講の別を問わず、全ての学習会やゼミにおいて事前申込が必要になっていますので、まずは当サイト上に設置されています申込フォームから参加を申し込んで下さい。学習会当日のおよそ一週間ほど前から申込が可能になります。

 当ウェブサイトの受講申込のページに、現在申し込みを受け付けている学習会が掲載されており、そちらのリンクから申込フォームへと進むことができます。
 当面は当日直接会場にお越し頂いても事前申込のない方は入場をお断りせざるを得ませんので、受講を希望される学習会には忘れずに必ず事前申込をお願いします。

 なお、密の回避のため、会場定員を大幅に減少してして実施していることから、予想外に申込数があった場合は参加の御希望に沿えない可能性が些少ながら存在しますことを予め御了承下さい。


Q. 駿河台支部員ではないのですけど、学習会には出席できるのでしょうか?
A. はい、もちろん支部員でない方でも学習会には出席できます。誰しも最初は支部とは無関係なところから始まりますから、その点はどうぞお気になさらないで下さい。初めての方も駿河台支部のウェブサイト上にある学習会参加申込フォームから、入会・聴講のいずれかをお好みで選択の上でお申し込み下さい。

 支部に入会されますと、既に記したように当日を含めて期間内の学習会に全て無料で参加可能となりますし、支部行事や懇親会にも参加できるようになりますから、学習会に数回以上参加するつもりだったり支部行事等に参加したいという場合は、入会されることをお勧めしています。
 もちろん、聴講費をお支払い頂くことでその回だけのスポット参加とすることも可能です。聴講参加の方も、その学習会内においては支部員と同等の扱いになっています。


Q. 履修登録していない科目の学習会でも参加できるのでしょうか?
A. もちろんです。無条件・無制限に参加できます。履修登録状況と当支部の学習会への参加については、全く無関係と考えて頂いて問題ございません。むしろ、この先の科目の予習や、履修登録するかどうかの判断材料の一つとして、その科目の学習会に参加してみるという方法もあるのではないでしょうか。


Q. 学習会に参加したい場合、予約は必要ですか?
A. はい、事前予約が必須となっています。以前は事前予約不要となっていて、当日直接学習会の会場にお越し頂くことが可能な方式で運営していたのですが、現在は新型コロナウイルスの感染拡大を防止する見地から、会場定員数を厳密に守って運営する要請を受けているためです。それに加えて会場からも、同じく新型コロナウイルスへの対策の一環として、可能な限り事前予約制にて開催することを求められています。

 このため、現在は全ての学習会を事前予約による定員制として運営しています。お手数ですが、支部員・聴講の別を問わず、駿河台支部のウェブサイトに設置してあります学習会申込フォームからその都度お申し込みになって、事前予約をした上での出席をお願いします。

 なお、定員に上限数があります関係上、定員数を超えるお申し込みを頂いた場合は、参加の御希望に沿えない可能性が出てきますので、予め御了承下さい。


Q. 実際にスクーリングを担当されているのはどの先生なのでしょうか?
A. 学習会講師の先生につきましては、こちらのページを御覧下さい。スクーリングを担当されておられたり、教科書を執筆されておられる先生には、それと付記してあります。


Q. 学習会には何を持っていけばいいのでしょうか?
A. ほぼ全科目の共通事項として、筆記用具とお使いの六法をお持ち下さい。ただし、国際法、租税法、社会政策の回では六法を使用しませんので、それらの回では六法の持参は不要です。ノートをお持ち頂くのは自由です。

 有斐閣「ポケット六法」と、三省堂「デイリー六法」等が、通教課程指定六法となっています。
 ポケット六法とデイリー六法は、通教課程の試験(科目試験・スクーリング試験問わず)において六法が参照可能な場合に参照することができますので、これらのいずれかを用意して頂ければ、通教オフィシャルのスクーリングや試験から支部の学習会まで全てのシーンに渡って使うことができます。指定六法以外では試験での参照が認められていませんので、指定六法をお使いになることをお勧めしますが、支部の学習会では指定六法以外の六法をお持ちになりましても問題はありません。

 その他、判例集や教科書があれば場合によっては参照する機会があるかもしれませんが、持参したい方だけで十分です。これらは原則必要ありませんが、お持ち頂いても差し支えはありません。

 六法と筆記用具以外に講師の先生から持参物の指定があった場合には、その旨学習会のお知らせに注記していますので、当ウェブサイトの学習会情報の部分をご参照下さい。


Q. まだ教科書が届いていないのですけど、その状態で学習会に出ても大丈夫なのでしょうか?
A. 駿河台支部の学習会は、ほぼ全てが講義レジュメのみを用いて進行します。特に先生からの御指定がない限り、教科書をお持ち頂く必要はありません(もちろん、お持ち頂いても何も問題はありません)。ですので、教科書のない状態でも大丈夫です。


Q. 学習会の当日までに、予習をしておかなくてはなりませんか?
A. 駿河台支部の学習会は、基本的に当日配布するレジュメに沿って講義が進められますので、事前に教科書を通読するなどの予習が必須となっているわけではありません。特にそのような要件は設けておりませんので、それについては気にされなくても大丈夫です。
 ただ、全くの初見で参加されるよりも、幾分でも事前予習がありますと、より講義を深く理解できるであろうことは想像に難くありません。学習会のためにわざわざ予習をする必要はないですが、日頃の勉学をおろそかにしていては学習会に参加されても効果は薄いでしょう。日頃から学生の本分を全うされることをおすすめします。


Q. アドバンスト学習会というのがあるようですが、どういうものですか?
A. アドバンスト学習会は駿河台支部独自のシリーズであり、実際に通教生へのスクーリングを担当されておられます先生方のご協力によって実現しています。アドバンスト学習会は主に1〜3月の期間に開催されており(それ以外の期間の開催もあり得ます)、学習会のお知らせの部分にそれと明記してあります。

 アドバンスト学習会とは、単位を修得したところで終わりとせずに、さらに一歩その先へと学び続けていく方など主に指向した指向した学習会となります。
 入門講義はその名の通り初学者・入門者の方向け、通常の講義はこれから単位を修得しようとしている方に向けた内容であるのに対し、アドバンスト学習会は既に単位は修得されたか、当該科目のスクーリングは受講した程度の方を想定した内容となります。

 実際のところ、通教課程オフィシャルのスクーリングやレポート課題等で扱うことができるのはその科目の限られた範囲に留まり、むしろ扱われない範囲の方がずっと広いということが普通です。このため、スクーリングをご担当されておられる先生のアドバンスト学習会では、スクーリングでは時間を取って扱うことが困難な範囲からテーマを設定することで、通教オフィシャルのスクーリングではカバーしきれない範囲を駿河台支部の学習会にて補完していくという性格も持っています。つまり、通教オフィシャルのスクーリングとリンクして、そちらでは聴くことのできない範囲の講義を、実際にスクーリングを担当されている(いた)先生から駿河台支部において直々に受講することが可能となっているわけです。

 なお、アドバンスト学習会も、参加については通常の学習会と全く同じ条件となります。支部員の方は無料で参加可能で、聴講料も通常と同額となります。スクーリングの補完やさらなる学修の深化に、是非御活用下さい。


Q. 以前に駿河台支部員だったことがあるのですが、何か特典や優遇を受けられますか?
A. 駿河台支部員としての特典を受けることができるのは、現在駿河台支部に有効に在籍している支部員の方だけです。かつて支部員だったことで何か優遇されるようなことはありません。再度駿河台支部員としての特典を受けたい場合は、再入会をして下さい。


Q. 他の支部の支部員ですが、駿河台支部で何か特典や優遇を受けられますか?
A. 学生会支部はそれぞれ独立した存在であり、運営も全く別個に行われています。そのため、支部間で特にそのような提携などを結んでいない限り、特定の支部の支部員だからといって他の支部でも支部員として扱われたり何か優遇を受けるようなことはありません。
 現在、駿河台支部は他支部とそのような提携を行っていませんので、他の支部の支部員であっても駿河台支部では支部員として扱われることはありませんし、もちろんその逆の場合でも同様です。複数の支部で支部員としての特典を受けたい場合は、それらの支部を掛け持ちしてご入会下さい。


Q. 他の支部の学習会と日程が被っているのを何とかしてもらえませんか。
A. 学生会支部はそれぞれ独立した存在であり、運営も全く別個に行われています。それぞれの支部の状況や、講師の先生の状況、会場の空き状況など様々な理由によって支部ごとに独自に予定を立てていっていますので、日程が被るのはたまたまそうなった結果です。現実問題として、全ての支部で被らないように共同で日程を策定することは不可能ですので、ご了承下さい。それだけ選択の幅があると解釈して頂ければと思います。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 学習会当日

Q. 初めて駿河台支部の学習会に参加します。当日の手順を教えて下さい。
A. 当ウェブサイト上の学習会参加申込フォームから申し込まれて、受講が可能となった方には、事前に会場を記載した案内メールをお送りします。そちらを御参照の上、当日に学習会の会場へと直接お越し下さい。

 どの会場であっても、入口最寄りにある机が支部役員が受付作業を行う場所となっています。まずは受付にいらっしゃって下さい。入会・更新される方は現在有効な学生証を御呈示の上で会費を、聴講の方は聴講費を受付にご提出頂ければ、講義レジュメをお渡しします。これで受付作業は終了ですので、お好きな席に着席して下さい。支部員の方ですと、単にお名前を申し出て頂くだけで結構です(受付担当が見覚えのある方なら、いわゆる顔パスもあり得ます)。
 あとは受講するだけです。お帰りの際は手続不要ですので、講義終了後はそのままお帰り頂いて問題ありません。


Q. 聴講として申し込んで参加したのですが、入会に切り替えることは可能ですか?
A. 聴講として申し込まれた場合でも、学習会当日に支部への入会に切り替えることは可能です。休憩時間中に受付までその旨をお知らせ下さい。ただし、入会の際には、(1)通教課程の学生証の呈示と、(2)その時点での年会費との差額のお支払いが必要となりますので、当日それらをお持ちになっていることが必須の条件となります。

 聴講として参加された学習会で入会に切り替える場合は、既にお支払い頂いた当日分の聴講費を支部会費の一部として充当しますから、お支払い頂くのは年会費との差額の残額分だけとなります。途中で入会に切り替えた場合でも二重払いになることはありませんのでご安心下さい。ただし、充当できるのは当日分の聴講費だけに限られており、過日分の聴講費は充当できませんので、次回参加された際に入会する場合はその時点での満額の年会費が必要になります。


Q. 会場への到着が遅れてしまいそうなんですが(もしくは、都合により最後まで受講することができそうにないのですが)、大丈夫でしょうか。
A. 当支部の学習会は、どれも遅刻と早退はどちらも120分以内の範囲で自由となっています。当日の交通機関の事故やトラブル等による場合はもちろんその限りではありません。
 当日遅れる場合でも、支部への連絡はなさらなくて結構です。というより、当日連絡を頂いても対応はできません。

 会場到着が開始時刻に間に合わなかった場合、先生の講義が始まっていますので会場の扉は閉じられますが、施錠はされていませんので、静かに扉を開けてお入り下さい。
 早退の方は、お時間になりましたら静かに荷物をまとめてご退出下さい。途中休憩の時間の間に退出されると、周囲への配慮となるでしょう。

 ただし、あまりに遅い遅刻やあまりに早い早退は、単にレジュメをもらいに来ただけと変わりなく、先生に対して失礼な行為となりますのでご遠慮下さい。このため、遅刻は講義開始時間から120分後まで、早退は講義時の在室時間が120分以上になってからというラインを設けています。学習会に参加を申し込まれる際には、あらかじめこの点を了承の上でお願いします。


Q. 会場の部屋番号を忘れてしまい、会場の部屋がわからないのですが…。
A. 学習会の会場にはインフォメーションボードが設置されており、その日に開催される催しが一覧表示されています。そのボードを見て駿河台支部の名前を探して、その部屋にお越し頂ければ大丈夫です。ですので、部屋番号が全くわからない状態でいらっしゃっても、当日の会場さえ間違えていなければその場でどの部屋かわかります。


Q. 講義の途中で離席しても大丈夫でしょうか。
A. 可能です。講義の途中でトイレ等のため一時退出したいという場合は、先生や支部役員の許可を取る必要はないですので、講義の流れを止めないように周囲に配慮しながら静かに離席して下さい。


Q. 学習会のタイムテーブルはどのようになっていますか?
A. 通常は、13時10分から17時00分で行われます(時折例外もあります)。途中休憩につきましてはいずれも先生のご裁量に依っており、支部の方で一律のタイムテーブルは用意していません。スクーリングでは休憩時間も規定の時間割に縛られますが、当支部の学習会では区切りのいい場所まで進んだと先生が判断された時に休憩時間を入れることが多いです。このため、講義時間内で何回休憩を入れるかは先生によって異なりますが、ほとんどの先生が5〜10分ほどの休憩を2〜3回挟むようにして御講義を進められています。


Q. 会場はどれくらい前から開きますか?
A. 現在使用している会場では、学習会開始時刻のおよそ10分前に会場の扉が解錠され、入室が可能になります。役員が到着しましたら、学習会の開始まで入口の扉を開放します(休憩時間も扉は開放されます)。会場がまだ開いていない場合は、恐れ入りますがしばらくお待ち下さい。


Q. 座席を予約することはできますか?
A. いいえ。会場の座席は当日先着順の自由席となっており、指定席制度はございません。また、座席については支部員の方を優遇するような措置も設けておりませんので、聴講の方も全く同等の条件となります。いい席に座りたい場合は、お早めのご来場をお勧めします。

 ただし、現在は新型コロナウイルスの感染防止の観点から、席に一定の間隔を設けた状態にて運営しています。お知り合いであっても隣に並んで座るような配置はお断りする場合がありますので、予め御了承下さい。
 また、会場の出入口最寄りの机と席は、役員が受付作業を行う場所として使用します。恐れ入りますが、会場の出入口最寄りにある机には着席されませんようにお願いします。


Q. 聴講で参加するつもりですが、聴講費の領収証は出してもらえますか?
A. はい、聴講の方に領収証をお出しすることは可能です。御希望の方は、聴講料のお支払いの際に受付の者にその旨お申し出下さい。特にお申し出のない場合は、領収証の発行は省略させて頂いております。


Q. 六法を持っていくのは重いので、スマホのアプリで六法を参照しても構いませんか?
A. はい。駿河台支部の学習会では六法を紙媒体に限るような制限は設けていませんので、スマホ等で参照されても結構です。
 ただし、必ず条文の参照程度に留めて下さい。講義中に長くスマホ等をいじり続けるような行為は、講師の先生や真面目に学習しようとしている方にとって失礼な行為となりますし、学修をする気がないとみなします(学修をする気のない方は、支部への参加をお断りします)。

 また、通教課程の試験においては、当然ながらスマホ等の使用は一切認められませんから(ちなみに紙媒体の六法であっても、通教課程指定六法以外のもの、書き込みのあるもの(マーキングは可)、付箋のついたもの、また一部の分野のみ切り取ったものやコピーしたものの使用も認められません)、日頃から紙媒体の六法に慣れていた方が、試験で参照する際にある程度有利になるかもしれません。日頃から紙媒体の六法を使用することで、どの法律は大体どこら辺にあるということを身体が自然と覚えていきますから、いざ参照の必要が出た際にも条文の頭出しを素早く行えるようになります。


Q. 学習会やゼミの講義を、録音・録画しても構いませんか?
A. いいえ。講義の録音・録画は、一切不可となっています。通教課程より、支部の学習会の内容をネット上で公開する行為は禁止と定められていますので、講義内容等をネット上に公開する行為も一切ご遠慮下さい。
 通教オフィシャルのスクーリングが録音・録画一切禁止となっていますので、スクーリングを御担当下さっている先生方が直接にいらっしゃって下さっている駿河台支部もそちらに倣った対応となっています。


Q. 学習会に出席するつもりだったのですけどが、都合が悪くなって出席できなくなってしまいました。何かペナルティはあるのでしょうか。
A. 以前は事前申込不要で当日飛び込み参加自由として学習会を運営していましたので、学習会を欠席されても特に問題はなかったのですが、他の項目で繰り返し書いていますように現在は事前予約の定員制にて運営していますことから、連絡なしでの欠席や直前になってからのキャンセルは実害のある行為となります。特に、参加申込数が定員を上回って参加をお断りした方が出た場合は、他の方の学習の機会までも無駄に取り上げてしまうことにもなります。

 このため、直前もしくは当日なってからや参加のキャンセルを申し出られた方につきましては、今後の参加申込に対して参加確定順位を下げさせて頂くことになりますので、予め御了承下さい(やむを得ない事情が存在し、それを御連絡頂いた場合はペナルティはありません)。とはいっても、参加の優先順位が下がるだけですので、会場定員に余裕があるならば問題なく受講することができます。
 やむを得ない事情というのは確かに発生するものですので、参加を申し込んではキャンセルを繰り返したり、申し込んでおいて当日無告知で欠席する(いわゆるノーショウ)などといった、悪質な妨害行為と受け取れるようなことでもない限りは、それ以上のペナルティはありません(ノーショウの場合でも、事情があってのことであればその旨お知らせ下さればペナルティなしの対応もあります)。あまり深刻に受け取らなくても大丈夫です。

 ただし、やはり毎回申し込みながら毎回当日無断欠席を繰り返した悪質な人もいましたので、前記のように連絡なしでの当日無断欠席など、事前申込制による運営への妨害行為と受け取れるようなことをした方には、それ以降の申込を一切受け付けずに全て無効とさせて頂くなどの余地は留保しています。


Q. 駿河台支部のレジュメは二色刷と聞いたのですが、モノクロになっています。
A. 駿河台支部のレジュメは、二色刷に対応して印刷を行っています。ただし、元の原稿を作成される先生がモノクロで作成された場合は、当然にモノクロでの仕上がりとなります。現状、二色刷に対応した原稿を作成して下さる先生は半数に満たない程度ですので、それ以外の先生の回は無条件にモノクロ印刷でのレジュメをお渡しすることになります。

 また、二色刷で印刷されたレジュメは、原則として事前に余裕を持って申し込まれた方だけとなります。おおよそ、学習会の前日か前々日に印刷作業を行っていますので、それ以降になってから申し込まれたものについては追加印刷となるので、無条件でモノクロとなります。


Q. 今日の学習会に来れない友人の分のレジュメも合わせて欲しいのですが。
A. レジュメは、お一人につき出席された学習会ごとに一部のみのお渡しとなります。事情を問わず、余剰分も含めて一人に複数部を配布することはいたしませんし、学習会に出席されなかった方への配布は行いません。


Q. 都合により出席できない学習会があるので、その回のレジュメだけをもらうことはできませんか。
A. 駿河台支部では、その回の学習会に参加された方に限りレジュメを配布しており、学習会に出席されなかった方からの配布のご要望は、事情や理由の如何に関わらず一切受け付けていません。出席できなかった学習会のレジュメが欲しいというお問い合わせを頂いても応じることはありませんので、予め御了承下さい。

 勘違いされている方が割と多いのですが、レジュメはあくまで講義のための補助教材であり、教科書等の文献の内容を要領よくまとめたものではありませんし、レジュメを読めば講義代わりになるというものでもありません。レジュメを売って欲しいという要望を過去何度も受けたことがありますが、たとえ有料であっても配布の要望には応じません(レジュメは先生の著作物となりますから、それを支部が販売するのはコンプライアンス上も問題となり得るでしょう)。お金を出すならば、まっとうに本を購入されることをお勧めします。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 学習会会場について

Q. 会場へのアクセスマップはどこで参照すればいいですか?
A. 現在は学習会やゼミが事前申込制となっているため、それと知らずに当日飛び入りでやって来た方とのトラブルが生じないように、具体的な会場の名称や、会場へのアクセスマップはウェブサイト上には掲載していません。
 学習会への参加を事前に申し込まれて参加が可能になった方全員に、事前に当日の御案内のメールをお送りしており、会場の情報とアクセスマップは、そちらのメールにて御案内しています。

 他となる可能性も一応ありますが、現時点では、ほとんどが浅草か浜松町(大門)のいずれかの会場での開催となっており、それらが使用不可能の場合に副次的に御茶ノ水(新御茶ノ水・小川町・淡路町)、亀戸のいずれかの会場を用いる形となっていますので、最寄り駅はこれらのいずれかになると思って頂いて結構です。


Q. 会場の建物の中か近くにコンビニはありますか?
A. 浅草の会場は建物内に飲み物の自販機は設置されていますが、コンビニは建物の外に出てのアクセスとなります(浅草駅から歩いてくる途中にヤマザキデイリーストアがあります)。
 浜松町の会場は建物4階と3階に飲み物の自販機があるのに加え、建物内1階にローソンがあります(以前は土日休業でしたので学習会の日は使えなかったのですが、最近は土日も営業するように変わったようです)。


Q. 会場はバリアフリー対応でしょうか?
A. 浅草と浜松町の会場の双方とも、建物内は平面とエレベーターの移動で建物の出入口から会場まで到達することが可能になっている、段差のないバリアフリー対応となっています。
 ただし、トイレにつきましては、車椅子対応タイプが設置されている階が学習会会場の階と離れているためエレベーター移動が必要になったり、もしくは同じ階でも移動距離が長くなったりします。また、浜松町の会場は途中に手で押して開ける扉がありますので、ひょっとするとそちらが問題になるかもしれません。


Q. 会場に喫煙場所はありますか?
A. 基本的には用意されています。しかし、現在は新型コロナウイルスの感染防止対策の一環として、密を避けるために喫煙所が閉鎖されて使用禁止となっており、実質的に喫煙不可となっている場合が多くなっています。また、会場によっては最初から全館禁煙となっていて、喫煙することはできない場合もあります。
 このため、新型コロナウイルスの影響下でも確実に喫煙可能な場所があるのは、1階の屋外に喫煙所が用意されている浅草の会場だけとなっています。なお、御茶ノ水と亀戸の会場では、敷地内を含めて全面禁煙となっています。


Q. 会場に駐車場はありますか?
A. 浜松町の会場には、建物の地下に有料の駐車場があります。それ以外の会場には一般車用の駐車場はありませんので、近隣のコインパーキング等を御利用下さい。


Q. エレベーターが混雑していて、待ち時間が勿体ないです。階段は使えないのですか。
A. 浅草の会場は部屋を出てすぐ横に階段室があります。浜松町の会場ではエスカレーターが利用可能です。


Q. 会場の建物の中か近くに飲食店はありますか?
A. 浅草では会場と同じ建物の上層階にレストランがありますし、浜松町の会場には建物内に各種の飲食店やカフェなどがいくつもあります。
 会場の周辺ですと、浅草の会場は周囲に飲食店が豊富にありますが、浜松町の会場はほとんどありません。浜松町駅周辺ですと色々あるでしょうが、ビジネス街ゆえ土日は休みとなっている店も珍しくないです。


Q. 会場に忘れ物をしてしまったようなんですが。
A. 支部役員と会場職員の事後チェックで忘れ物が見つかった場合は、役員(通常は支部長)がお預かりします。心当たりのある方は、駿河台支部宛のメールでお問い合わせ下さい(その場合は、お名前の他に日付と会場を忘れずに付記して下さい)。返却は、次回以降の学習会にいらっしゃった際に行います。着払いであっても郵送や宅配便での返却はいたしません。
 誰からもお申し出のない場合は、次回以降の学習会や支部のニュースメールでお知らせしますが、原則として3ヶ月を経過しましたものは廃棄します(食品など早期に劣化すると思われるものはその場で廃棄する場合もあります)。


Q. 翌日も同じ会場で学習会(もしくはゼミ)に出席しますので、会場に荷物を置いて帰ってもいいでしょうか。
A. 2日連続で同じ会場を使用する場合でも、会場を継続使用する形にはなっていませんので、会場には荷物を残さずに全てお持ち帰り下さい。なお、言うまでもないですが、お持ちの品の紛失につきまして支部では一切の責を負いませんので、御自身での十分な管理をお願いします。


Q. 開催する会場を固定して欲しいのですが。
A. 駿河台支部としても極力固定したいのはやまやまなのですけど、会場の空室状況・先生の御都合・会場の人数収容力・会場使用料といった様々な条件や事情が交錯するため、現在はどうしてもほぼ同じ会場に固定することはできない状況です。駿河台記念館を使っていた頃はほぼそちらに会場を固定できていましたので、運営する側としても楽だったのですが。


Q. 以前は駿河台記念館で学習会を開催していたはずですけど、もう駿河台記念館は使わないんですか?
A. 駿河台支部は長らく中央大学駿河台記念館を本拠地として活動してきましたが、駿河台記念館は2019年11月末日をもって営業を終了し、建物は閉鎖されて既に取り壊されて消滅しています。このため、同月いっぱいをもちまして、駿河台記念館の会場使用はできなくなりました(なお、取り壊し後は新たな建物が建設されますが、法科大学院などが移転してきて新たなキャンパスとなるので、以前のように学習会の会場として使うことはおそらく難しいであろうと思われます)。
 このため、駿河台記念館を「使わなくなった」のではなくて、「使えなくなった」というのが正しいです。現在は、都区内の他の会場を手配して、学習会の開催を継続しています。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 懇親会

 ※ 現在は、新型コロナウイルスの感染防止の観点より、懇親会の開催は当面見合わせています。

Q. 懇親会に参加したい場合は、どうすればいいですか?
A. 懇親会は、事前に参加の申込を頂いた方々で予約済みの店に行く場合と、当日その場の参加希望者で適宜近隣の店に行く場合とがあり、前者は事前申込必須・後者は事前申込不要となっています。
 事前申込が必要な場合は、期限日までに懇親会にも参加したい旨をお知らせ下さい(詳しくは次の項目を参照して下さい)。事前申込不要の場合は、当日の学習会終了後にそのまま御一緒頂くだけで大丈夫です。懇親会が事前申込かどうかは、当該学習会の説明部分に記してあります。


Q. 事前予約が必要な懇親会には、どうやって申し込めばいいですか?
A. 事前予約が必要な懇親会には、ニュースメールに記載される申込フォームから参加の申し込みを受け付けています。
 駿河台支部のニュースメールに登録されていれば、配信されるニュースメールにて懇親会のお知らせと申込フォームへのリンクが記載されますから、そちらから申し込めるようになっています。
 なお、口頭での申込は受け付けていません。必ず申込フォームからお申し込み下さい。


Q. お酒は飲めないのですけど、懇親会に参加しても問題ないですか?
A. はい、もちろんです。アルコール類が苦手な方はソフトドリンクにて御参加下さい。本人の意思に反して飲酒や飲食を押しつけるようなことは決してありませんから、御心配なくです。


Q. 懇親会の途中で帰っても大丈夫ですか?
A. はい、もちろんです。途中での退席・帰宅はご自由にして頂いて構いません。最後までいなくてはならない義務はありませんので、御心配なくです。


Q. 懇親会の費用は大体いくらくらいですか?
A. 毎回一律となっているわけではないですが、事前予約制の時は基本的に飲み放題付きで2時間〜3時間のコースにて、税込4000円程度で開催しています。


Q. 学習会は欠席しますが、懇親会には出席したいです。可能でしょうか?
A. 駿河台支部では、原則として当日の学習会に出席された方のみを懇親会に参加可能としています。ですので、懇親会のみの参加希望を頂いても、出席は原則認められません。これは、駿河台支部はあくまで学習の場として活動しているためであり、遊び目的やたまり場的に来るような方の場ではないということです。

 ただし、学習会当日開催されている通教課程のスクーリング・演習・科目試験等に出席していて学習会の出席ができないという場合はやむを得ない事情となりますから、懇親会のみの参加も可能です。この場合は、申込時にお知らせ下さい。


Q. 懇親会は喫煙可能でしょうか?
A. 2020年4月から施行された改正健康増進法の規定により、店内での喫煙が原則禁止されています。そのため、駿河台支部以前の段階で、法律により禁止となっていますのでお席での喫煙はできません。
 なお、店内に喫煙所を用意しているお店であれば、もちろんそちらに移動しての喫煙は可能ですが、わざわざ喫煙所のあるお店を探して懇親会の手配をするようなことはできませんので、懇親会は原則禁煙と認識して頂ければと思います。


Q. 駿河台支部員ではないのですけど、懇親会に参加することはできますか?
A. 懇親会は駿河台支部員の方に限り参加可能となっており、支部員以外の方の参加はできなくなっています。
 支部員以外の方からの申し込みは、ドタキャン(直前や当日になっての欠席連絡)やノーショウ(連絡すらなしの無断欠席)、さらに学習会には出席せず懇親会だけに出ようとする方などが多かったりしたため、現在は聴講参加の方については懇親会への参加の希望をお受けしていません。御了承下さい。


Q. 懇親会への参加を申し込んだのですが、その後に都合が悪くなりました。キャンセルはいつまでにすれば良いでしょうか。
A. お申し込みの後に、何からの事情で参加でができなくなりました場合は、懇親会当日の3日前までに、キャンセルの連絡をお願いします(ただし、お店がそれより早くキャンセル期限を設定している場合は、キャンセルの連絡期限もそれに合わせて早まります)。

 それ以降のキャンセルはいわゆるドタキャンの扱いとなり、たとえやむを得ない事情があった場合でも、原則として参加の可否に関わらず当該懇親会の費用を全額お支払い頂きます。
 また、ドタキャン(直前や当日になっての欠席連絡)歴のある方がその後もまた支部行事・ゼミ・懇親会等に申し込まれた場合は、参加費の前払い(事前の銀行振込)が条件となります。ノーショウ(連絡すらなしの無断欠席)歴のある方は、何かしら特段の事情が存在した場合を除き、支部員であっても今後の支部行事・ゼミ・懇親会等へのお申し込みをお断りする場合もあります。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 支部ゼミ

Q. 支部ゼミとはどういうものですか?
A. 支部ゼミとは、駿河台支部が独自に企画・実施しているゼミで、通常の学習会とは異なった指向性を持ちます。会場に通って先生から受講するというスタイルは通常の学習会と変わりないですが、主にグループワークを行って受講生がゼミの中で互いに相談したり発言したりするなど、先生からの一方通行の講義ではなく受講生が能動的に参加していく双方向性を大きな特徴としています。


Q. ゼミには別途費用が必要なのでしょうか?
A. 以前は有料のゼミも開催していましたが、現在開催しているゼミはいずれもゼミ参加費を不要としています。費用面は通常の学習会と変わりません。


Q. ゼミへの申込方法を教えて下さい。
A. ゼミへの申込も、学習会と同様に当ウェブサイト上の申込フォームからお申し込み下さい。手続面でも学習会への申込と同じです。


Q. 駿河台支部員ではないのですけど、ゼミに参加することはできますか?
A. はい、ゼミの参加者は駿河台支部員限定とはしていませんので、支部員以外の方の参加申込もお受けしています。なお、支部員ではない方は、学習会と同様に聴講費2000円が必要です。

 なお、支部員かそうでないかによって、ゼミの中で扱いに差が出ることはありません。参加者として登録された方は全て同等となりますので、安心して御参加下さい。


Q. ゼミへの参加を申し込んだのですが、その後都合が悪くなってキャンセルしました。ペナルティはあるのでしょうか。
A. 学習会における参加申込後のキャンセルに準じます。


Q. 確か合宿ゼミという名のゼミがあったはずですが…。
A. はい、確かに以前は合宿ゼミというゼミも開催されていました。合宿ゼミは、通教課程の学生会支部の行事として公式に制度が設けられていたものでしたが、2018年度をもってその制度そのものが廃止となりました。このため、どこの支部であるかを問わず、もう合宿ゼミが開催されることはありません。

 しかし、支部ゼミは駿河台支部が独自に企画・開催している、いわば独力で実施しているゼミですので、通教課程による制度の改廃の影響を受けずに開催を継続しています。合宿ゼミの制度はなくなりましたが、駿河台支部は引き続き独力でゼミの受講機会を提供することができる状態を保っています。


Q. 昔はゼミで温泉に一泊していたような記憶があるんですが…。
A. はい、合宿ゼミの制度があった頃は、温泉宿に一泊してのゼミを開催するのが駿河台支部の毎年度末の恒例行事でした。おそらく20年間近く続いていたと思われまして、支部長の度重なる代替わりを経ても変わりなく受け継がれてきた伝統となっていました。
 しかしこれは、上記の通り合宿ゼミが通教課程による公式な制度であったゆえ、実施にあたって通教事務室から許可と助成が得られていたために開催できていたものです。学生会支部は原則としてその所在地の都道府県内でしか活動することができず、合宿ゼミはその例外となっていたので東京近郊の温泉地に出かけることができましたが、合宿ゼミの制度がなくなった以上はその例外も認められなくなりましたので、温泉一泊ゼミは過去の思い出となりました。



▽FAQページの先頭に戻る  
 


 支部行事

 ※ 現在は、新型コロナウイルスの感染防止の観点より、支部行事の開催は当面見合わせています。

Q. 支部行事とはどういうものですか?
A. 支部行事とは、学習会とゼミのいずれにも区分けされない、駿河台支部主催の行事全般を指します。具体的には、東京地裁・高裁での刑事裁判傍聴や、何らかの施設参観が挙げられます。


Q. 支部行事は支部員以外でも参加できますか?
A. 支部行事は、支部員の方だけが参加可能です。施設参観や裁判傍聴も、日頃の駿河台支部の学習活動の一環として開催していますので、支部員として日頃の学習会に出席されている方の参加を想定しています。


Q. 支部行事に参加するには、別途費用がかかるのでしょうか?
A. 普段の学習会と同様に参加費は原則無料ですが、交通費や食費や施設の入場料等の費用が別途必要な場合は、参加者各自の実費負担となります。


Q. 支部行事への申込方法を教えて下さい。
A. 支部行事用の申込フォームから申し込んで下さい。ただし、こちらのフォームへのリンクはニュースメールにのみ記載されます。支部行事への参加を検討されている支部員の方は、必ず駿河台支部のニュースメールに登録して下さい。


Q. 支部行事は毎年同じ内容で恒例となっているのでしょうか?
A. 結果的にそのような形になっているものもありますが、毎年恒例でこれをやると開催の保証をしているわけではありません。開催できるかはあくまでその時の状況や事情によりますし、実際に開催に向けて調整していたものの、先生の御都合が合わずに断念となったケースもあります。
 刑事裁判傍聴は人気が高いこともあり、ここ数年は毎年恒例として実施されていますが、あくまで先生のご厚意によるものですので、この先も毎年恒例で継続するという保証はございません。それ以外も含めて、たまたま現在は毎年恒例のような形になっていると御理解頂ければと思います。


Q. 支部行事への参加を申し込んだのですが、その後に都合が悪くなってキャンセルしました。何かペナルティはあるのでしょうか。
A. お申し込みの後に、何からの事情で参加でができなくなりました場合は、必ず申込受付の期間中にキャンセルの連絡をお願いします。参加申込受付期間中の事前キャンセルでしたら、ペナルティはありません(ただし、頻繁にキャンセルを繰り返す方は、今後の申込に対して参加確定順位を下げさせて頂くことはあり得ます)。

 いわゆるドタキャン(受付期間終了後以降の欠席連絡)やノーショウ(連絡なしでの無断欠席)は、各方面に多大な迷惑を及ぼします。特に、定員を上回る申込があって他の参加希望者をお断りしていた場合、その方の参加権を無駄に取り上げてしまう形ともなります。

 どうしてもやむを得ない事情が発生する可能性は確かにありますが、支部活動はサービス業としてやっているわけではありませんから、迷惑行為をされた方につきましては厳しい対処となりますことをあらかじめご承知願います。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 駿河台支部ニュースメール

Q. 駿河台支部のニュースメールとはどのようなものですか?
A. 駿河台支部に関するお知らせや、学習会・ゼミ・懇親会・支部行事の開催予告とそちらへの申込フォームへのリンク、そして今後の学習会予定といったものを、テキスト形式のメールで配信しているものです。
 配信リストに登録されていれば、ニュースメール配信時に自動的に配信されますので、駿河台支部の活動に関する情報を見落とすことがなくなります。特に現在は学習会等が全て事前申込制となっていることから、ニュースメールが配信されることでそれらの申込の機会を見逃すことがなくなります。


Q. 配信ペースはどれくらいですか?
A. 以前はおおよそ月に1回程度でしたが、現在は学習会が事前申込制に変更になったことで、そちらのお知らせのために月に2〜4回ほどのペースになっています。


Q. 駿河台支部員ではないのですが、ニュースメールは配信してもらえますか?
A. はい、可能です。ニュースメールは支部員限定とはしていませんので、駿河台支部員以外の方も自由に配信登録することができます。当サイト上のフォーム上から、御自身で配信登録の操作を行って下さい。配信の解除も同様にフォーム上からいつでも可能です。


Q. 駿河台支部に入会して(もしくはニュースメールの配信登録を)しているのに、ニュースメールが一向に届かないのですが。
A. 駿河台支部員となっている方か、当サイト上のフォームからニュースメールの配信登録をして正常に登録された方でしたら、二つの原因が考えられます。まずは、以下の三つを御確認下さい。

(1) ドコモのメールアドレスは、標準設定でパソコンからのメールを無条件で全て着信しない設定になっており、このままですと当方がいくら送信しても駿河台支部からのメールは無条件で全て届きません。ドコモのメールアドレスで登録された方は、ドコモのメール受信設定の説明ページなどを参照の上、パソコンからのメールを受信できるように設定して下さい。設定を変更することに不安のある方は、全学メールやYahooメールやGmailなど、他のメールアドレスにて登録して下さい。

(2) 迷惑メールに自動で振り分けられているケースも起こり得ます。特にoutlook・hotmailは、駿河台支部からのメールを自動で迷惑メールフォルダに振り分けてしまうことが多いようです。まずは迷惑メールフォルダを参照して下さい。また、icloud・Gmail等でも場合によっては迷惑メールに振り分けられてしまうこともあるようですので、御自身で迷惑メールフィルタを設定している場合も合わせて、まずは迷惑メールフォルダを参照して下さい。従前は問題なく受信トレイに届いていたのに、突然迷惑メールフォルダに振り分けられたという事例もありました。

(3) (当サイト上のニュースメール配信登録・解除フォームから登録された方限定)他者のいたずらによる登録・解除を防止するため、当サイト上のフォームより配信登録や解除を行った場合、そのアドレスに対してすぐさま確認の自動応答メールが届きます。そちらのメールにあるリンクをクリックすることで、正式に登録と解除がなされます。確認のメールを見て確認のクリックを行わなかった場合は実際の登録・解除が行われないままとなる場合があります。確認メールが迷惑メールフォルダに着信している可能性もありますので、そちらを参照して下さい。
 なお、支部に入会された場合は自動的にニュースメールに登録されますので、御自身で配信登録作業を行う必要はありません。

 上記のいずれにも該当していないのに、入会して一ヶ月以上経過してもニュースメールが届かないという場合は、何かしら他の原因が考えられますので、お手数ですが駿河台支部のメールアドレスまで御連絡下さい。学習会の際に役員までお伝え頂いても結構です。


Q. 支部に入会すると強制的にニュースメールが配信されるのでしょうか。
A.  入会を申し込まれた際に配信リストに登録されますので当初はそのような形になりますが、配信を希望されない場合は、いつでも御自身で配信を解除することが可能です。もし最初から配信を希望されない場合は、入会を申し込まれる際にニュースメールの配信を希望しない旨を、備考欄(コメント欄)にお書き添え下さい。
 ニュースメールの配信登録と解除は、当ウェブサイト上の以下のフォームからいつでも自由に行うことができますので、ニュースメール配信を希望したいという方や、不要と感じた方は、以下のフォーム上から入力して頂くことで、いつでも自由に配信の有無を変更することができるようになっています。

 以下のフォームから入力されますと、確認メールが自動的に配信されますので、そちらのメールのリンクをクリックして頂くことで、正式に配信登録・もしくは解除となります。
メールアドレス


Q. ニュースメールが配信されているメールアドレスを変更したいのですが。
A. メールアドレスを変更する場合は、上にありますニュースメールの登録・解除フォームより、現在配信されている配信アドレスを解除して、新たなアドレスを登録して下さい。
 駿河台支部員の方は、支部に登録しているメールアドレスの変更をお申し込み頂いた際に、ニュースメールの配信先アドレスも支部の方で合わせて変更します(登録アドレスは変更するがニュースメール配信は現在のアドレスのままでということも可能です。メールアドレス変更の御連絡を頂く際にその旨お知らせ下さい)。


Q. ニュースメールを受け取らないと何か不利益なことがあるのでしょうか。
A. 個人差があります。日頃から駿河台支部のウェブサイトをよく閲覧されている方ならば、ニュースメールにて配信されることはほぼ先刻ご承知ばかりの内容になるでしょう。しかし、そうではない方はメールで必要な情報を見落とさずに済むようになります。

 また、学習会やゼミへのお申し込みはウェブサイト上から直接可能ですが、懇親会や支部行事への申込フォームのリンクは、ニュースメールにのみ記載されます。このため、懇親会や支部行事へも参加を考えている方は、ニュースメールを受信していないと申し込む機会を逸することになります。
 学習会にのみ参加される方でしたら、駿河台支部のウェブサイトを参照するだけでも間に合いますので、お好みでお選び下さい。以前の項目でも書きましたように、配信と解除はいつでも御自身でお好きに設定できます。


Q. 駿河台支部を退会したらニュースメールの配信も停止してもらえるのでしょうか。
A. はい。退会したのにいつまでもしつこくメールを送りつけられるようなことはありません。
 駿河台支部の規約により、翌年度の6月いっぱいまでが支部員の更新期限と定められており、この期間に更新しなかった方は自動退会となって支部員名簿から削除されますから、支部員を更新しなかった方はこれと同じタイミングとなる、翌年度の6月終了時点をもってニュースメールの配信リストからも削除されます。ただし、通教課程を卒業(もしくは中退)されて法科大学院や予備試験等に向かわれた方は支部員となる資格が失われますので、新年度すぐに配信停止となる場合があります。
 すぐに配信を停止したいという場合は、当ウェブサイト上のフォーム上から御自身で配信解除の操作を行って下さい。

▽FAQページの先頭に戻る  
 


 駿河台支部について

Q. 駿河台支部の規約を参照させてもらえますか。
A. 駿河台支部の規約につきましては、こちらを御覧下さい。なお、規約の変更を行う際には、駿河台支部の支部総会での議決で認められることが必須の要件となっていますので、支部を運営する役員の一存だけで一方的に規約を変更することはできないようになっています。どうぞご安心下さい。


Q. 駿河台支部はどれくらい歴史があるんでしょうか。
A. はっきりとした駿河台支部の歴史が伝えられているわけではないのですけど、駿河台支部の学習会にいらっしゃっている先生からは、1998年から駿河台支部の学習会を担当されていたという証言を頂けました。また、駿河台支部の規約は1999年に初めて制定された記録も残っていますので、おそらく1998年度に設立されたのではないかと推測されます。

 そのようなわけで、少なくとも2018年の時点で創立20周年を迎えている、結構長い歴史のある支部になるようです。現在の支部長は2015年度から駿河台支部の運営を担っており、少なくとも5代目か6代目の駿河台支部長となります。


Q. 駿河台支部を運営されている役員の方は、中央大学の教職員なのですか?
A. いいえ、駿河台支部に限らず、全ての学生会支部の運営は、中央大学の通信教育課程に在籍しているか卒業した学生による自主的なものとなっています。支部の役員は、支部の代表者である支部長も含めて全員が通教課程に所属する在学生もしくは卒業生であり、中央大学の教職員は支部の運営に直接的な関与はしていません。企画・運営・経営等のすべてが通教生自身の手による自主的なものとなっています。
 このため、支部によって運営手法は全く違ってきますので、支部の特徴や居心地もそれぞれ全く異なるものとなっています。


Q. では、学生会支部は中央大学法学部通信教育課程とは全くの無関係なんでしょうか?
A. いいえ、全くの無関係というわけではありません。通教課程の公式ウェブサイトに各支部の情報が掲載されている通りですし、さらに各支部は通教課程より学習会の開催に必要となる費用の助成も受けています(ちなみに助成金の支給基準は、支部の規模に関わりなく全国一律となっています)。
 このように、各学生支部は中大通教課程から支援や助成を受けてはいますが、その運営そのものは通教生自らによる自主的なものに委ねられているという形になっています。イメージ的には、学習会を主体とした通教課程の公認サークルとでも表現するとしっくりくるのかもしれません。

 このため、運営を担う役員の人材や学習会の講師を御担当下さる先生、さらに支部員の集まり具合や支部の財政面といった様々な事情や状況により、支部の消滅・休止もしくは再開・誕生といった変化も容易に起こり得ます。代替わりを経ながら20年以上も続いている支部は滅多にないでしょう。


Q. 支部員の男女比や年齢層はどうなっていますか?
A. 支部員の方にお伺いしていないのでおおよその見た感じの印象となりますが(できるだけプライベートに踏み込まないようにするため、駿河台支部では参加される方にそれらの情報をお伺いしていません)、支部員の男女比は若干女性が多めになっています。年齢層は多岐に渡っていますが、おおよそ30代〜50代くらいの方が最も多くなっていると思われます。


Q. 納めた会費や聴講費は何に使われるのですか?
A. 学習会やゼミや支部行事の開催には、会場費・講師への謝礼・レジュメ等の印刷費など毎回相応の費用が必要で、これらは全て支部の会計から支払われています。お支払い頂いた会費や聴講費は全額がそのまま支部の会計に入金され、学習会や支部行事等の開催費用(先生への謝礼・会場費・レジュメ印刷費等)や、支部の運営費用(通信費・消耗品費・各種手数料・懇親会費等)に充てられています。
 ですので、対価として会費や聴講費を求めているのではなくて、費用負担の一部として会費や聴講費という形でお願いしているわけです。通教課程からの助成金はあくまで費用の部分的な助成のみに留まりますので、それ以外については全て支部が自ら拠出する必要があります。その分を、学習会等に参加される皆さんに会費や聴講費として、開催費用を一部ご負担頂いている形になっています。

 なお、学生会支部は完全非営利の団体です。駿河台支部の運営を担っている役員も支部会費の費用負担をしていますし、役職に関わりなく誰一人支部からの収入は一切得ていないボランティア的な立ち位置です。支部員の方には、支部総会の際に本年度の会計報告をお配りしています。


Q. 駿河台支部の学習会にはどのような先生がいらっしゃるのか、具体的に教えてもらえますか。
A. 学習会講師の先生につきましては、こちらを御覧下さい。実際に通教生へのスクーリングを担当されている先生や教授クラスの先生方が、これほど数多く学習会にいらっしゃって下さる支部は他にありません。


Q. 駿河台支部のTwitterやSNSページなどはないのですか。
A. 駿河台支部がインターネット上で公式に情報を発信しているのは、こちらの駿河台支部ウェブサイトとニュースメールのみです。駿河台支部でのTwitterやSNS等のアカウントは全く作成していません。もしそれらしきものがあったとしても、それらは全て騙りの偽物ですから、信頼なさらないようにお願いします。

 インターネット上における駿河台支部の情報は、当ウェブサイトに掲載してあることが全てです。TwitterやSNSページを開設しても、結局はこのウェブサイトのページに掲載している情報と同じ内容をそれらのアカウントで繰り返すだけでしかありませんから、運営者の自己満足で発信元を増やすよりも、参照される方が一元的に同じ情報源にアクセスされた方が混乱せずに有用であるし、この先役員が代替わりした際も後輩の負担が少なく済むであろうと考えています。


Q. 駿河台支部学習会の講義をネット配信してもらうことはできませんか。
A. 学生会支部の学習コンテンツをインターネットを使って配信する行為は、通教事務室より全面的に禁じられています。このため、講義の配信やレジュメ内容の掲載は一切行うことができません。どうぞ御了承下さい。
 なお、現在は新型コロナウイルスの影響を踏まえて、支部の学習会でもネット配信を行うことが認められていますが、こちらはあくまで特例としての一時的な措置となっています。駿河台支部は通教課程公式でも開催が困難となっている対面講義の機会を維持することに注力しているため、ネット配信を行う予定はございません。


Q. 駿河台支部ならではの特徴ってありますか?
A. 駿河台支部は、実際に通教生へのスクーリングを担当されている中央大学法学部・法科大学院教授をはじめとした多数の先生方が御講義にいらっしゃって下さる形で、質の高い直接の対面式講義に拘っているのが特徴です。多数の先生方がいらっしゃることで、必然的に多彩な科目の学習会を開催できています。

 本来ならスクーリングでしか聴くことのできない先生の講義を支部の学習会で手軽に受講可能な魅力は言うまでもないでしょうし、さらに、ハラスメント等の問題が起きることのない支部の居心地の良さも伴っていますので、学習会の質の高さと安心して参加できる雰囲気の良さの両立ができています。このため、駿河台支部の学習会に出るためにこれまで沖縄を含む九州・中国・関西・東海・信越・東北・北海道といった様々な遠隔地から足を運ばれたり、支部員として参加されている方が毎年いらっしゃいます。
 このため、駿河台支部は卒業率も非常に高くなっていまして、支部を運営する役員内だけでも、毎年卒業者が出るのが当たり前というくらいの高いペースになっています。結果として支部の新陳代謝がしっかり促されて澱んだ雰囲気がありませんし、何より飲み会目当てで古参のたまり場となってしまうようなことがなく、学習する場としての機能がきちんと全うされています。

 また、懇親会に留まらず、裁判傍聴や施設参観やゼミ等の多彩な支部行事がもう一つの特徴となります。懇親会はほとんどの支部で開催していますが、教授の先生の引率による裁判傍聴や各種施設見学までを定例的に行っている支部となると、全国でも駿河台支部だけの独壇場になります。ただ学習会や懇親会をルーチンワークのように繰り返すのではなくて、中大通教生としての思い出に残るような活動が多いです。

 そして、このような環境を整える代わりに、人数を増やしたり規模を大きくすることそのものは目的としていません(実際には多くの人が集まってきて大規模な支部になっていますが、それはあくまで結果であって、人数の増加そのものを目的とはしないのが運営方針です)。誰でもいいからとにかく人数を増やそうという考えは持っておらず、その分の労力を支部の中身と質を高めることに費やしていますので、結果としていいかげんな人はほとんど寄って来ずに、中大通教生として学生の本分に強い意識を持っている方や、質の高い内容を求める方が自ら駿河台支部に集まってくるようになっています。
 これにより、結果的には多くの人が集まって大規模な支部になっているとはいえ、飲み会や遊び半分で来る人には敷居が高い場となっており、安心して参加して学習に向かうことのできる落ち着いた雰囲気が自然と醸し出されています。これも駿河台支部の特徴の一つだと思います。


Q. ハラスメント対策はどうなっていますか。
A. 正直申しまして、駿河台支部は対策以前にハラスメントそのものが全く起こったことのない場です。支部紹介で書いてありますように、駿河台支部はあくまで学修の場として運営しており、何でもいいからとにかく人数を増やそうとか、飲み会を餌に人を集めようというような運営方針は採っていないことが大きいのでしょう。

 まして、実際に支部を運営しているのが、支部長を務めながらという条件では通教課程史上唯一となる首席卒業を達成した通教生ですから、支部の紹介文では綺麗事の言葉を並べているがその実態は全然かけ離れているというありがちなこともなく、学修の場という運営方針の通りに運営されています。結果として、勉強をすることそのものを目的とした人が集まってくる場となっていますから、そもそもハラスメントが発生する下地がない(遊び目的やたまり場的に支部に来たり、特権階級の如く振る舞うような古参支部員など、ハラスメントに繋がる人は自然と駿河台支部には寄りつかずに、もっとだらけて澱んだ空気の別な支部に引き寄せられていく)のであろうと考えています。

 もちろん、もしハラスメントが発生した場合は、支部長と役員が速やかに事実の把握に努め、ハラスメントの事実が明らかになった場合は、当該者の駿河台支部への出入り禁止(いわゆるアルハラや酒に酔っての場合は懇親会への出席禁止)等を含む厳しい処置を執りますので、何かありましたら支部長か役員までお知らせ下さい。

 ハラスメント対策がしっかりしているとアピールしている支部の役員が実はハラスメントの根源だったという笑い話にもならないケースも他支部ではあるようで、他支部で嫌な思いをした方がそのようなことには無縁の駿河台支部に移ってくるケースも少なくないようです。


Q. このページや、過去開催記録や講師一覧のページの背景画像はどこでしょうか?
A. これらのページは、いずれも駿河台支部がかつて学習会の教室として使用してきました、中央大学駿河台記念館の会場です。当時は当たり前の景色でしたが、今ではもはや失われた懐かしい景色となっています。なお、背景画像ゆえ、いずれも敢えてぼかした状態に加工してあります。
 なお、圧倒的に参照する機会の多いトップページは、些少でも転送量を抑えて表示を早くできるようにとの配慮から、このような背景画像は使用していません。繰り返し駿河台支部のウェブサイトを参照されても、転送量は無視できる程度です。

▽FAQページの先頭に戻る